123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日も読んでいただいてありがとうございます

| スポンサー広告 |
2015-10-19 (Mon)
まず、今回のことで不愉快な思いをさせたこと、

そしてみなさまにご迷惑をおかけしたことをお詫び致します。

本当に申し訳ございませんでした。

私がこのブログを始めた理由は

「私と同じように病気で苦しんでいるひとたちに

オカリナの楽しさを伝えたい」という思いからでした。

オカリナと出会う前の私は、本当に苦しい毎日を過ごしていました。

生きる希望もなく、喜びも、楽しいこともなく

”死んだら、周りの人が悲しむから” それだけの理由で

なんとか生きていました。

それが、オカリナを吹き始めてから、180℃生活が変わり

それまで1日中ベッドで横になっていたのが

3時間起きていられるようになり、半日起きていられるようになり

そして今は、1日中体を起こしていられるまで元気になりました。

オカリナを吹いている時間は、苦しい気持ちを忘れ

夢中になって音楽に没頭できました。

こんな楽しいことを、私ひとりだけの中に留めておくのはもったいない

そう思ったので、このブログを通して

少しでも多くの人に、オカリナの楽しさを伝えたいと思って

今日まで一生懸命記事を書いてきました。

しかし、ふたを開けてみれば

楽しさを伝えるどころか、人を傷つけたり、不愉快な思いをさせたり

私が望んでいることとは正反対の結果になってしまいました。

私はそんなことは望んでいません。

私は人を傷つけたり悲しませたりするために

毎日ブログを書き続けてきたわけじゃありません。

”病気の私でも、こんなに楽しい時間を過ごすことができてるよ”

こんなことが、少しでも伝わればいいなと思っていました。

しかし今も、体調が悪かったり、心が沈んでいたりと波がある中で

ブログを書くのに、今まで以上に神経を尖らせて

人を傷つけないように言葉を選んで記事を書くことは

私にとっては大きな負担です。

自分が楽しく書けないブログはみなさんが見ても

楽しいブログにはならないはずです。

なので、ここら辺でしばらくお休みさせて頂こうと思います。

また明るく楽しいブログを書こうという気持ちになるまで。

このブログを開設してから7か月が経って

今は平均して日に20人くらいの方々が遊びに来てくださるようになり

私は本当に嬉しい思いでした。

みなさんのコメントで励まされ、応援してもらいながら

今日まで楽しく続けてくることができたことを心から感謝します。

ありがとうございました。

オカリナを吹くことをやめるわけではありません。

YouTubeにも動画投稿をすると思います。

今後はそちらでお目にかかれるといいなと思います。

では、いつの日かまたお会いしましょう。

今日まで本当にありがとうございました。

まな
スポンサーサイト


今日も読んでいただいてありがとうございます

| 日々のこと | コメント(17) |
2015-10-16 (Fri)
今日はとってもいいお天気なのに

私の心は曇り模様です。

人と人の関係って難しいですね。

些細なことがきっかけで、すれ違ったり

ぶつかったり、喧嘩したり。

面と向かっていれば、表情や口調で相手の気持ちが

伝わりやすいですが

文字だけでのやりとりは危険が伴いますね。

こうやって、私がブログに書いている記事でも

不快に思う人が、もしかしたらいるのかもしれないし。

意図的に、人を傷つけることはしていないつもりでも

無意識で、そうしていることもあるかもしれませんよね。

子供の頃から、母に

「言葉は口に出してしまったら消しゴムでは消せない。

だから、人を傷つけるようなことは絶対に言ってはいけない」

そう、口を酸っぱくして言われてきました。

なので、言葉を選ぶことに対してはとても慎重なつもりです。

でも、あくまでも”つもり”なので

意図しないところで、傷つけてしまうこともきっとあるんでしょうね。

今まで以上に、発言には注意を払いたいと思います。

このブログの読者さんたちに、不快な思いをさせないためにも。

できれば、毎日楽しくて明るい記事を書きたいんですが

ここのところずっと、暗めの記事が続いてますね。

そういう時はブログを休んだ方がいいんでしょうかね。

こういう記事自体が、不快な思いをさせてしまうんでしょうかね。

人の心は見えない。

パソコンの画面の向こうのみなさんの心はもっと見えない。

何かを発信することの難しさを、しみじみ考えさせられます。

では、今日はこの辺で。


今日も読んでいただいてありがとうございます

| 日々のこと | コメント(15) |
2015-10-15 (Thu)
by NaGISA

みなさま、こんばんは。

今日僕はフルートのレッスンの日だったんですが、
オカリナにも通じるんじゃないかなあと思うアドバイスを
受けたので、今日はそれを書いてみようと思います。
僕のフルートの先生が、ドイツの音楽院の先生にレッスンを
受けた時に習った事なんだそうです。

フルートという楽器は、たとえばサックスとかクラリネットと言った
リード管楽器や、あるいはトランペットやホルンと言った
リップリードの管楽器と比べても、表現力に乏しいと言われます。
フルートは、エアリード楽器で、空気を振動させて音を出している
だけですから、どうしても表現力や強弱に乏しくなるのは否めません。

そしてフルートという楽器は、構造上「倍音」が少ない楽器です
(倍音について知りたい方は、季刊オカリナ14号を参照してください)。

そこで、「あえて倍音が多い音を出す」事で、大幅に表現力に
変化がつけられる、というお話です。

その方法を習って、早速試してみると、なるほど明らかに音が変化
するのがわかります。

ならば、オカリナでも同じような事を表現に活かせないかなあと、
ふと思いました。

オカリナは、フルート以上に表現力がない楽器です。だからこそ、
タンギングとフレージング(音をどこで切るか繋ぐか、とか)が
命なんですが、こういう表現法を取り入れられないものでしょうか。

季刊オカリナ14号のみるとさんの記事を読むと、オカリナは倍音が
少ないのがよくて、倍音を多く含む音はお好きでないように
読めます。

もちろん、倍音が少ない音は素朴で綺麗ではありますが、何せ
オカリナは強弱がつけにくく、いくら綺麗な音でもそれでずっと
吹いていたのでは、他の管楽器の曲を聴き慣れている耳には、
飽きてしまいます(フルートですら、バイオリンなどの表現力が
高い楽器に比べると、長い曲を一本調子で吹かれると、途中で
眠くなります(汗))。

なので、倍音が少ない綺麗な音を目指すのはもちろん必要でしょうが、
表現のためにあえて倍音を多く含んだ音をコントロールする、
というのも、ありなのではないでしょうか。

もっとも、オカリナで倍音を多く含んだ音をどうやって出すのか、
僕もよくわかっていません。誰か教えてください(笑)。


今日も読んでいただいてありがとうございます

| NaGISA | コメント(0) |
2015-10-14 (Wed)
今日は快晴。ポカポカ陽気ですね

でも北海道は、峠なんかはもうすでに雪が積もっているくらい

寒いみたいです

いつも母と電話でしゃべる時

「距離を感じないよね、近くにいるみたいだよね」なんて

話しているんですけど、こういう日は距離を感じますね~。

少しこの温かさをわけてあげたい気持ちになります。

ところで、隣の空地の工事ですけど

ショベルカーが一台停まってるまま、工事も止まってます。

なので、日曜日から4日間、静寂が続いていて

心がとっても穏やかです

でも、体調がいまいち。

こんなに晴れていて、あたたかい気候なのに

どうして今日も具合が悪いんだ~(泣)

ここ数日、彼が昼食も夕食も作ってくれています。

ありがとうという気持ちと、ごめんね~という気持ちと

混ざって、やっぱり申し訳ない思いです。

昨日は少し調子が良くて、ニコ生でオカリナを吹いたんですけど

あとで自分の演奏を聴きなおしたら

亜音ACの音色が、前とちょっと違うような気がしました。

柔らかさが増してほわんとした印象です。

特に吹き方を変えたわけでもないし、

基礎練習を必至にがんばってるわけでもないので(笑)

ヒロミチSFを優しい息遣いで吹くように心がけているので

それの影響なんでしょうかね~?

ヒロミチを手にしてから、亜音以外のAC管が欲しくてたまりません(笑)

オカ友名古屋さんお勧めの、サウザンリーブスが欲しいかな

もしかして、クリスマスプレゼントに買ってくれるかも...?(笑)

あー、でもクリスマスはアクセサリーとか可愛いものが欲しいな~。

なんて。欲張りですね(笑)

他に、まだ生活必需品が色々と足りないので

今はぐっと我慢の時期です

今日もまた取り留めのない記事になってしまったな~。

何はともあれ、早く元気になりたい!(切実)

では、今日はこの辺で


今日も読んでいただいてありがとうございます

| 日々のこと | コメント(6) |
2015-10-13 (Tue)
★第4回 まな流オカリナ講座★

まだまだ未熟なまなによる、オカリナ講座

第4回目は、”音のイメージ”についてです

高音、低音がうまく出せない方のために

音をイメージするということをお教えしたいと思います

まず、低音は、温かく柔らかい息遣いで

「ふー」ではなく、「ほー」というようなイメージで吹きます。

逆に、高くなるにつれて、早く、鋭い息遣いをイメージします。

低音は、弱めに、高音は強めに。こんな感じですね

そして、もう1つのイメージ方。

それは、自分が出したい音、例えば高いファ。

この音自体をイメージします。

あいまいに、運指だけでファを出そうとするのではなく

”ファの音を出すぞ”という意識を持って吹くのです。

ファを出すためには、どれくらいの強さで、どれくらいの息の量で

吹く必要があるかを、あらかじめ頭でイメージしておいて

ファの音に当てていく感じです。

最初は探るように、ピッチが低い状態からファを出したり

逆に息遣いが強すぎて、かすれるような音が出たり

するかもしれませんが、チューナーを確認しながら

どのような息遣いをすれば、綺麗なファが出せるのかを

自分で探して、それを体で覚えて行くのです

私がヒロミチSF管を手にしてから、ピッチが合わないことで

苦戦した理由に、この音のイメージができなかったことが考えられます。

AC管でCの運指で吹いた場合に、F管ではFの音が出る。

その、Fの音がイメージできていなかったということです。

”ファの音を出すぞ”というイメージを持って吹くと

意外と簡単に、ピッチが合わない壁をクリアすることができました

低音や高音がうまく鳴らないという方、

ぜひ、この”音のイメージ”を意識して練習をしてみてください

しかし、文章で音のイメージの説明をするのはなかなか難しいですね。

なので、ちょっとわかりにくいかもしれません。
(自分で書いていて自信がなくなってきた

もしわからないことがあったら、お気軽にコメントしてください

答えれることであれば、お答えします(笑)

第4回、”音のイメージ”についての講座、

少しでもみなさんの参考にして頂けたら嬉しいです

さて...もう私が教えれることはなくなった気がしますが、(笑)

これを教えて~ということがあったら、ぜひコメントしてくださいね

では、今日の講座はこの辺で


今日も読んでいただいてありがとうございます

| オカリナHow-to | コメント(8) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。